北海道印刷センター > 入稿ガイド

入稿ガイド

入稿ガイド

入稿手順

商品をご注文頂いてからデータをご入稿ください。
弊社ではデータが届いた時点で作業に入ります。再入稿によるデータ差し替えは基本的にできないとお考え下さい。どうしてもデータ自体の修正、変更が必要になった場合は必ずお電話下さい。ご連絡されずに次々に差し替えデータを送られましてもお受けできません。

データをフォルダにまとめる

以下のデータをご用意頂き、揃えて一つのフォルダに保存してください。

  • 最終出力データ
  • 画像ファイル(※Illustratorで作成の場合)
  • 出力見本

データ管理

  • 図はIllustratorで作成した場合のフォルダ例です。
  • Illustratorデータに画像をリンクしている際は、Illustratorファイルとリンク画像を必ず同じ階層に設置してください。(別フォルダに分けないようお願い致します。)
    [ご協力をお願いいたします]
ご確認ください
機種依存文字()や「\」「;」「.」「*」「/」「?」などはフォルダ名、ファイル名には使用しないで下さい。
ファイル名はなるべく1バイト文字(アルファベット、数字等)を使用するようにしてください。(ファイル名に2バイト文字(日本語)を使用されると画像のリンク切れ等のトラブルの原因となる場合がございます。)

フォルダを圧縮する

圧縮されずに入稿された場合、データ破損の可能性が高くなります。
必ず圧縮して入稿して頂くようにお願いいたします。

入稿する

データの入稿方法は「入稿フォーム」「データ郵送」の2種類を推奨しております。
データ入稿の際には必ず「ご注文番号」をご明記下さい。「ご注文番号」が不明な場合、確認作業が遅延してしまうことがございます。

ページトップに戻る

入稿データの注意点

入稿前にご確認ください

■アプリケーション
Adobeイラストレーター、フォトショップはCS3迄対応しています。
また、powerpointでの入稿は受付できません。PDF、Excel、wordでの入稿は可能です。
■フォント
ひととおりのフォントはご用意しておりますが、バージョンが違うなどの問題があるため、必ずアウトラインをかけて下さい。
■データ送信について
圧縮して3メガくらいのものであればデータをメールに添付してお送り下さい。
ご確認ください
ブロードバンド時代とは言え、ネットワーク資源は限られておりますので生データをそのまま送信するのは避けてください。
データの圧縮方法はマッキントッシュの標準フォーマットとも言えるアラジン・Stuff Itで圧縮されることをお勧めいたします。それ以外にもCompact ProやマックLZHなども対応可能ですがデータの解凍の際にデータが破損する恐れがあるためお勧めできません。
メール送信方法は添付ファイルのエンコーディングに MIME/Base64 形式を指定してください。マックバイナリやBinHex形式はお勧めできません。マイクロソフト製のメールソフトOutlook Express などはこの形式に対応しています。
ページトップに戻る